不動産に関して頼りになる|ピタットハウスで査定を行おう

レディ

土地や建物の測量と登記

男女

不動産トラブルも解決へ

土地や建物などの不動産は所有者が決まっており、通常であれば隣接地との境界も明確化されているはずです。実際には土地の境界が曖昧なケースも少なくないため、しばしば土地トラブルの原因となっています。東京23区のように人口が多く土地利用が過密な地域ほどそうした土地トラブルも多発しているため、不動産の所有者には登記情報をしっかり把握することが求められます。このような不動産の登記情報は所有者に義務付けられている申請に基いて作成されますが、その申請手続は一般の人にとって非常に難しいものです。東京都内にも数多く存在する土地家屋調査士が登記申請手続きを代行しており、登記の際に必要な土地利用状況調査や測量も実施してくれます。公有地の払い下げを受けた場合や相続・売買のため土地を分筆する場合なども、土地家屋調査士を利用してしっかりと測量や登記手続きをしていれば安心です。登記簿上で土地の境界が明確であれば、後々に土地トラブルが発生した場合でも問題を早期に解決できるのです。土地家屋調査士を利用する際には事前調査や測量作業、各種書類作成といった業務に応じて費用が請求されます。作成される書類にも調査報告書や測量図・登記申請などの種類があり、境界確認立ち会いと確認書発行にもそれぞれ費用がかかるものです。土地家屋調査士によってそれらの費用は異なるため、事前に無料で見積もりをしてくれる土地家屋調査士を利用するのが便利です。東京都内では利用状況が複雑な土地も多く、土地トラブルや建物をめぐるトラブルに発展した場合は双方が譲らず解決が困難となるケースが予想されます。そのような場合でも土地家屋調査士に依頼して正確な測量を実施すれば、問題の解決に向けて大きく前進します。東京都内の土地家屋調査士には不動産の相続トラブルや納税トラブルも多く寄せられていますが、プロの目から見た提案はそれらの問題解決にも役立つのです。